まつげ美容液やニキビ用洗顔の商品ランキングを参考|美っくりケア

美白効果に期待

ハイドロキノンの歴史

女性

「ハイドロキノン」が配合されている美白クリームにはメラニンの生成を抑えてシミを作らせない効果と、メラニン色素を作る細胞を撃退する効果があります。そのため、シミ治療に有効なクリームとしてよく美容皮膚科クリニックで使用されています。 ハイドロキノンはアメリカでは古くからシミを撃退する美白作用がある成分として皮膚科で使用されてきました。日本では2001年に薬事法が改正されたことにより、ハイドロキノンの使用が解禁されました。それ以前もハイドロキノンに似た美白クリームはありましたが、漂白効果が強すぎて規制がかけられました。 今ではほとんどの美容皮膚科でハイドロキノンがシミ治療に有効な成分として使用されています。

ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノン入り美白クリームは美容皮膚科でも買えますが、市販されている美白クリームでもハイドロキノンが配合されたものがあります。ただし、一般的に購入できるクリームに配合できるハイドロキノンの濃度は制限があり、多くても5%が限界です。濃度が濃ければ高い効果があるというわけではないですが、濃度が薄くなるほど即効性がなくなります。また、敏感肌の人は1%の濃度でも刺激になることがあります。 ハイドロキノンが5%以上配合された美白クリームは医療機関で処方してもらえます。ハイドロキノンの濃度が濃いと肌がぴりぴりしたり、赤みやかぶれを引き起こすことリスクが高まるので、必ず医師に処方してもらうことが大切です。